【再入門】オウンドメディアとは?オウンドメディアの意味をまとめて解説

【再入門】オウンドメディアとは?オウンドメディアの意味をまとめて解説

この記事では、最新の業界の動向も踏まえて、オウンドメディアとは何かを解説しました。オウンドメディアとブログとの違いなど、いまいちよくわらかない人は、再入門のつもりで読んでみてください。

オウンドメディアの2つの意味

「オウンドメディア」という言葉の意味は、現在、次の2つの意味で使われています。

  1. 広義(広い意味)のオウンドメディアとは

    自社のホームページ、採用ページ、ブログ、SNS、ECショップ、メルマガなどすべてのこと。とりあえず、自社で所有している(オウンド)情報発信手段(メディア)といえるものすべて。

  2. 狭義(狭い意味)のオウンドメディアとは

    自社が運営する(オウンド)いかにもメディアっぽい(メディア)、大型ブログやニュースサイトのように記事を並べたような情報提供用のサイトのこと。

通常は、2.の狭義のオウンドメディアの意味で使われることが多いです。

たとえば、ビジネスの現場では「現在あるホームページやネットショップに加えて、新たに顧客を集めて、教育するための情報を発信したり、資料請求者を増やすために、オウンドメディアを作ろうと思っている」というように使います。

当サイトで「オウンドメディア」というときは、2.のオウンドメディアのことだと思ってください。

オウンドメディアとホームページの違い

オウンドメディアとは何かを理解しやすくするために、従来からあるホームページと比べたときの違い、特徴をざっくりと説明してみます。

オウンドメディアはホームページと比べると?

 

  • 内容は顧客の関心事や役立つ情報が中心 … 「~の方法」「~の選び方」などが定番です
  • 情報量が割合多め … 記事数が100本以上のものが多いです
  • 情報の更新頻度が割合高め … 本格的なものは1日10記事以上更新していたりします
  • 編集長や編集部員と呼ばれる人がいる … さらに専任ライターを抱えているところもあります
  • 販売や申し込み受付などはしない … 資料請求などで見込み客リストの獲得目的が多いようです

オウンドメディアとブログの違い

つづいて、オウンドメディアとよく似たサイトであるブログとの比べたときの違い、オウンドメディアの特徴をざっくりと説明してみます。

オウンドメディアはブログと比べると?

 

  • 個人的なことはあまり書かない … 食事の中身や旅行の思い出などはまず記事にしません
  • 記事の長さが長め … 1つの記事が1,000文字を越えることが一般的です
  • 計画的に構築していく … 思いつきで書いていくのではなく計画的に構築していきます

もちろん、従来のブログでも、オウンドメディアと同じようなポリシーで構築されているものがあります。あくまでも一般論として説明しています。

オウンドメディアと効果

2016年くらいまでは、一般的に、オウンドメディアは立ち上げてから、6か月間くらいは明確なSEO対策効果がないことが多いと言われていましたが、2017年以降、2~3か月程度でも効果を感じられるようなケースも増えてきました。

これは、Googleのアルゴリズムの変化によって、価値のあるサイトが、より短期間で検索結果にインデックスされるようになってきていることが原因だと思われます。

また、企業に長期的な効果をもたらすことができるのもオウンドメディアの特徴です。

インターネットで集客するにはリスティング(PPC)広告など、有料広告に直接お金をかけた方が早い、という考えたが一般的でしたが、効果は瞬間的、限定的で、さらに広告費の高騰や効果の低下など、企業を悩ませることになっています。

そこで、一度、きちんと構築してしまえば、更新費用などもあまりかからないオウンドメディアにお金を投資する企業が増えているのです。

参考記事これはありがたい!オウンドメディアの10の効果

オウンドメディアのありがちな失敗パターン

大企業が莫大な予算をかけてスタートしたオウンドメディアが突然閉鎖されたり、運営方針が変わったりすることもあります。その一方で、小さな企業がほとんど予算をかけずに立ち上げたオウンドメディアが、コツコツ運営で企業の業績向上に貢献していることもあります。

オウンドメディアの成功と失敗を分ける要素はたくさんありますが、ありがちな失敗パターンとして、次のようなものがあります。

  • 無計画すぎて、途中で放置もしくは閉鎖。
  • 担当者が異動もしくは退職して、途中で放置もしくは閉鎖。
  • 効果があるのかないのかわからなくて、途中で放置もしくは閉鎖。
  • 思ったよりも予算がかかりすぎて、途中で放置もしくは閉鎖。

これらの現状を受けて、弊社では、お金をかけすぎない、かつ短期的、長期的な効果が実感できるオウンドメディア制作、構築、運用を勧めていますが、無駄なことをしている企業が多いですし、これからも、失敗事例は増えていくと思っています。

参考記事オウンドメディアの失敗事例と改善方法(「オウンドメディアの失敗原因チェックリスト15項目」つき)

コンテンツマーケティングにおけるオウンドメディアの位置づけ

オウンドメディアとは何かを説明するときに、その背景にあるコンテンツマーケティングというものを理解していただく必要があります。

コンテンツマーケティングというのは、文字中心の記事、動画、イラスト、音楽など、「コンテンツ」と呼ばれるものを発信し、それをユーザーに届けていくことで、ユーザーを集客、教育、支援していき、顧客にしていこうという、1つのマーケティング手法です。

それらのコンテンツを掲載しておく場所、コンテンツの受け皿として、オウンドメディアが便利ですよ、ということなのです。

オウンドメディアの始め方

私が、どの企業もオウンドメディアは間違いなく始めた方がいいと断言するのは、正しく始めることによって、意外に費用がかからず、長期的にさまざまな効果を企業にもたらしてくれるものだからです。

オウンドメディア制作プロジェクトの成否を分けるものは、それが企業価値を再確認するきっかけとなるプロジェクトになっているかどうか、です。

私たちがオウンドメディア制作を受託するときは、少なくとも、その企業や商品、サービスが社会に提供している価値の正体は何か、ユーザーは何か、今後、どういう態度でユーザーに向き合っていくべきか、ユーザーにとって、企業はどう見える存在であるべきか、など、コンテンツマーケティング的な考えだけではなく、ブランディングなども意識したプロジェクトにします。

単に、とりあえずオウンドメディアを始めるだけなら、適当にドメインを取得して、ワードプレスをインストールすれば、だれでもすぐに始められます。

ですが、きっとそのような適当な始め方でスタートしたオウンドメディア制作プロジェクトは、きっと失敗することになるでしょう。

また、もし成功しても、意図的に成功していないので、学びは少ないでしょう。そうすると、成功の果実も限定的なものになります。

オウンドメディアを成功させる2つの方法

オウンドメディアを成功させるには2つの方法があると考えています。

1つは、勉強してからオウンドメディアを始める方法。ちゃんとオウンドメディアについて勉強してからスタートさせることです。もちろん、早めに始めた方が先行者利益も獲得できる傾向はありますが、早く始めたいなら、早く準備=勉強を開始すべきです。

もう1つは、勉強しないでオウンドメディアを始める方法。そのためには、実績のあるパートナーを見つけることです。少なくともオウンドメディア制作会社3社以上に問い合わせ、相談してみて、その制作会社の態度や考え方、ノウハウなどを見極めるべきです。

私たちは、オウンドメディア制作プロジェクトを通じて、クライアント企業の経営者の成長を促すことがあります。その方が、より効果的なオウンドメディアが出来上がるからです。

小難しく、生意気に聞こえるかもしれませんが、プロだと自負しているからこそ、クライアント企業のレベルアップを求めます。というより、自然とレベルアップしていただけるケースがほとんどです。

ですから、オウンドメディア制作プロジェクトにおいて、苦しいことをはほとんどなく、楽しいプロジェクトになると思います。

オウンドメディアを作っていて、何か苦しい割に成果が出ないと思ったら、きっと、それはやり方が間違っているだけです。

オウンドメディアのこれから

オウンドメディアとは何か、オウンドメディアの制作方法、構築方法を教えてくれるサイト、事例を紹介するサイト、当サイトのようにネタを提供してくれるサイトなど、オウンドメディア関連サイト群も充実してきています。

しかし、まだまだ社会的な認知度は低く、オウンドメディアというもの言葉の意味的な定義や経営に与えるインパクトや効果などは、まだまだ流動的で、とらえにくいところもあるのが事実だと思います。

成功事例も日々増えていますので、ぜひ、タイミングを待つのではなく、始めていただければと思います。

オウンドメディアとは何か、と考えるのは、きっと今だけです。オウンドメディアは、当事者にとっては、正しくスタート始めてしまえれば、オウンドメディア=自分のサイトのこと、ですから、固有名詞化します。そんな感覚が体験できたら、オウンドメディアがコンテンツマーケティングの一部としてだけではなく、ビジネスの中に自然と溶け込んだものとして、その効果をも知ることになるはずです。

みなさまのオウンドメディアとビジネスの成功をお祈りしています。

参考記事「オウンドメディアとは何か(オウンドメディアの全体像、効果、分類、構築法から予算まで)」

お問合せください

SNSでフォローする