「オウンドメディア」という言葉は市民権を得るか

オウンドメディアってなんか呼びにくくないですか?

「オウンドメディア」は覚えにくい?

いまいち呼びにくくて、覚えにくい気がする「オウンドメディア」。みなさんはどうでしょうか。

先日当社が公開したリサーチの結果では、「オウンドメディア」という言葉自体の一般認知率は、「よく知っている」4%、「聞いたことはあるが、詳しくはわからない7%、というものでした。

参考記事 「第1回 オウンドメディア調査結果」

一体、この呼びにくい「オウンドメディア」という言葉がどうなるでしょうか。いくつか、予想してみました。

「オウンドメディア」という言葉の未来予想

予想1.慣れのおかげで「オウンドメディア」という言葉がそのまま定着する

予想2.わかりやすく「自社メディア」という言葉で呼ばれるようになる

予想3.「ブログ」のように短縮されて、「ドメディア」と呼ばれるようになる。

予想4.短縮されて「メディア」と呼ばれるようになる

予想5.オウンドメディアの存在自体がなくなっていく

きっと、影響力があるビジネス誌や、NHKの経済番組あたりがどう呼び始めるか、で大勢が決まると思います。

そもそも、オウンドメディアという言葉自体が市民権を得る必要は、あまりないかもしれません。

一般ユーザーには、どこの企業のサイトかどうか、ということなどは、その記事の内容が疑わしいときなど、特別な条件下でない限り、あまり興味を持たないからです。

もちろん、そういう「ふらふらっとサイトを訪れたユーザー」をファンや顧客に変えていくためには、意図的にユーザー行動を予測してサイトを設計していく必要がありますが、それは不可能なことではありません。

「オウンドメディア」は「ドメディア」?「オウンドメディア」という言葉を短縮してみた

多くの言葉は、短縮されて拡散、浸透していきます。

たとえば、当初は「ウェブログ」と呼ばれていたものが「ブログ」として定着しました。「ウェ」の部分だけが省略されています。なぜか、「ログ」にはなりませんでした。

それにならうと、「オウンドメディア」は「ドメディア」になります。

こんな風に、いろんな短縮された言葉の先例を参考に、まとめていくつかの短縮パターンを出してみましょう。

  • 「オウンドメディア」→「オウンド」
     一部の制作会社の社内だけで通用するときがあるようです
  • 「オウンドメディア」→「メディア」
     本来の意味と混同しますから不便ですね
  • 「オウンドメディア」→「ドメディア」
     もう一声!
  • 「オウンドメディア」→「ドメディ」
     何かのスポーツのよう
  • 「オウンドメディア」→「ドメ」
     「ドメイン」と勘違いするかも
  • 「オウンドメディア」→「オウメディ」
     まだ長い気が……
  • 「オウンドメディア」→「オウメデ」
     だんだんわからなくなってきました
  • 「オウンドメディア」→「オウメ」
     青梅市っぽいですね

  • 「オウンドメディア」→「オメ」
     関西の人が反応しそうです
  • 「オウンドメディア」→「OM」
     う~ん

どれも決定打に欠けますね。まあ、日常生活でほとんど使わない言葉ですので、省略するニーズ自体が少ない気がします。

ほかに「オウンド~」という言葉もほとんど内容ですので、「オウンド」あたりで定着するかもしれませんし、短縮形ではなく、より少ない音数で発音できる「自社メディア」も有力候補かもしれません。

もっと言葉のわかりやすさを考慮すると、「企業メディア(もしくは企業メディアサイト)」も妥当と言えるでしょう。

言葉遊びのレベルですが、何かを普及させるときに、呼び方というものは、ものすごく大切ですので、ちょっと考えてみました。

お問合せください

SNSでフォローする