企業・店舗情報チェックリスト 全39項目

企業・店舗情報チェックリスト 全39項目

お客様が知りたい情報はたくさんある

ユーザーが行動するときに知りたい情報は、なにも「商品情報チェックリスト 全54項目」にあるような、商品やサービスの情報だけではありません。

「だれが売っているのか」「だれがこの情報を発信しているのか」というような、企業の信頼性をイメージさせる情報、情報発信者のキャラクターや店舗の運営姿勢など、商品の販売者、ホームページやオウンドメディアの運営者についての情報もユーザーにとっては必要な情報なのです。

「商品情報チェックリスト 全54項目」とセットで活用してください。

企業・店舗情報チェックリスト 全39項目

企業・店舗情報チェックリスト 全39項目

このリストはページ下部からダウンロードできます

企業・店舗情報チェックリスト 全39項目

1.選択支援(4項目) … なぜ売っているのか、なぜそれを選ぶべきなのか

□ 選択基準の明確化
□ 差異の証明・誇張
□ 合理的推薦理由
□ 情緒的推薦理由

2.店舗設計・店構え(16項目) … 買いやすさは十分か

□ 来店方法・アクセス・開店時間
□ 来店理由
□ 品揃え
□ 商品選択ポリシー
□ 送料・送料納得度
□ 支払い方法のバリエーション
□ 注文しやすさ
□ 連絡しやすさ
□ らしさ
□ デザイン性
□ キーカラーと与える印象
□ ブランドロゴ、音的な響き
□ 規模感と妥当性
□ 適切ターゲットへの歓迎感、来店人数、居心地
□ 空気、清潔感、親近感、盛り上がり
□ パーソナライズ、ステータス付与、特別対応

3.売り手への評価・信頼性(9項目) … 信じてみてもいいか

□ ミッション、ビジョン・方向性
□ 企業、組織、店員プロフィール・スペック
□ 適切な接客距離感、接客スタイル、自己重要感
□ わかってくれている感、適度な共感、おせっかい、熱意
□ 排他性、卓越性
□ 専門性、プロとしての信頼性、適切なキャラクター設定
□ 守備範囲の広さ、十分な関連情報把握速度
□ 関連情報把握量、保持データ、経験値、FAQ充実度
□ 店舗レビュー、顧客からの評価

4.購入行動促進(10項目) … 最後の一押しをしてくれているか

□ きっかけ
□ 行動しない理由の把握と処理
□ オファー・インセンティブ
□ 購入タイミングの妥当性
□ 限定性
□ 既存所有製品の処理
□ リスク明示
□ 行動重要性・合理的判断支援
□ 生活変化容認余地の開拓
□ 不確実性の処理

なお、「法令で定められた表示」としては、次のような項目があります。
□ 特定商取引法の表示義務
□ プライバシーポリシー(個人情報保護法)
□ 景品表示法
□ その他関連法令、許認可の有無

いかがでしょうか。

オウンドメディアの運営者情報を充実させましょう

企業や店舗、つまりオウンドメディアの運営者について、ユーザーが知りたがっている情報が抜けているとしたら、ユーザーは安心して行動できません。また、商品で差をつけられないときは、企業や店舗の実力や信頼性で差をつけて売上を伸ばすことが可能です。

逆に言うと、いくら御社の商品やサービスが優れていても、企業や店舗についての情報量が少ないと、御社の製品よりも品質が悪い商品などに負けてしまうことがある、と言うことです。

売れない原因はたくさんありますが、無限ではありません。また、売れる理由も無限ではありません。チェックリスト類を活用して、1つ1つユーザー視点で情報の質と量を検証していく姿勢が、確実な成果につながるのです。

運営者についての情報が充実しているオウンドメディアは、まだまだ少ないようです。もちろん、ユーザーの第一関心事ではないと思いますが、それでは、「売り手の存在感」が薄れます。結局、「商品やサービスによって、お客様を笑顔にする」という目的からは遠のいてしまいます。ですから、私はくどいようですが、「もっと売上げに直結するオウンドメディアにしましょう」と言います。

一言で言うと、売り手の存在を出す方が、売れやすくなる、ということです。参考にしてみてください。

私も、過去に何度もこれらのチェックリストに助けられました。ぜひ、役立ててください。


ダウンロード資料企業・店舗情報チェックリスト 全39項目企業・店舗情報チェックリスト 全39項目(PDF形式、A4サイズ 1ページ)
※クリックするとダウンロードできます

お問合せください

SNSでフォローする